ログイン  |  新規登録  |
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
最近のweBLogのコメント
アーカイブ
オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...
アクセスカウンタ
今日 : 307307307
昨日 : 264264264
今週 : 1018101810181018
今月 : 7549754975497549
総計 : 2114039211403921140392114039211403921140392114039
平均 : 484484484
LogCounterX by taquino
日本ブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 IT技術ブログ ソフトウェアへ
広告
ブログ - arikiさんのエントリ
 arikiさんのエントリ配信

2018/05/13
「仮想通貨ウォーズ〜盗まれた580億円を追え!〜」を観て

執筆者: ariki (3:02 pm)
昨日のNHKスペシャル「仮想通貨ウォーズ〜盗まれた580億円を追え!〜」を観て少し思ったことを。

テレビや新聞で大きく報道されたNEMの事件をこのタイミングで、独自の視点で取り上げたのはとてもよかったと思うのですが、河崎純真氏を始めとするハッカーその人や、彼らの技術力、犯罪組織の存在といったところにフォーカスが当たりすぎていたような気がしました。同程度の技術力を持っている人は世の中にごろごろおり、彼らが違うのは、その行動の背景にある思想であったり、行動力だと思っており、そこにフォーカスを当てて欲しかったと思ったのであります。

番組の中で河崎純真氏が、「民主的な通貨」を潰したくない、といった発言をしていたと思うのですが、ここにもっとフォーカスを当てて欲しかったなと。ビットコインの草創期メンバーの多くは、「リベラルな世界を実現する潜在能力を持つことに魅了されていた」といいます(Bitcoinの草創期メンバーが仮想通貨に抱いた「夢」とは?)。リチャード・ストールマンがはじめたフリーソフトウェア運動に通ずるものもあり、「自由」を獲得するための戦いが本質だと思うのであります。

既存のメディアじゃ無理でしょうか?悩めるエンジニアも自分なりに考え行動したいと思ったのであります。
arikiさんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (107) | はてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク | | | Clip to Evernote
このエントリのトラックバックURL
http://www.fancy.mydns.jp/modules/weblog/weblog-tb.php/1949
このエントリは以下のURLにトラックバックしています。
2018-05-13/15:02:34
印刷用ページ 友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド
寄付のお願い
サイト維持、オープンソースソフトウェア開発継続のため、寄付をお願いします。
Googleで検索
広告
広告
マクロミルへ登録
お財布.com