ログイン  |  新規登録  |
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
最近のweBLogのコメント
アーカイブ
オンライン状況
4 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...
アクセスカウンタ
今日 : 7575
昨日 : 422422422
今週 : 2435243524352435
今月 : 8911891189118911
総計 : 1991228199122819912281991228199122819912281991228
平均 : 490490490
LogCounterX by taquino
日本ブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 IT技術ブログ ソフトウェアへ
広告
ブログ - 最新エントリ
 最新エントリ配信

カテゴリ
書籍(47)


最新エントリ
2006/05/22
カテゴリ: 日々雑感 : 仕事関係 : 

執筆者: ariki (12:00 am)
NHKスペシャル「笑いがビジネスを変える」という番組を見ました。

ユーモアのある楽しい職場が従業員のモチベーションを上げ、それが生産性の向上につながり、さらには斬新なアイディアが生まれる環境を作っていくということを面白い取り組みをしている企業を紹介しながら伝えるという番組でした。

実にあたりまえのことだと思うのですが、悩めるエンジニアの経験ではそういう職場は少ないと感じます。皆、人間です。無駄をなくすという言葉をよく聞くような気がするのですが、そこに捕われすぎているような気がします。もちろん無駄をなくすことは大切ですが、必要な無駄もあると思うのです。カスタマー・サティスファクションという言葉もよく聞きますが、それはエンプロイー・サティスファクションがあっての話です。

修羅場であってもユーモアで変える、そういう人間を目指したいと思いました。
2006/05/21
カテゴリ: 住宅購入日誌 : 

執筆者: ariki (10:50 am)
つくばエクスプレス」沿線で土地を探そうかと考えています。

神奈川県東部は魅力的ですが、やっぱり高いし、狭いですね。ちょっと奥に引っ込めば安くはなるのですが、それだと通勤時間がかなりかかってしまうので、こだわる必要もないかなと。

妻が茨城県出身ということ、秋葉原に乗り入れているということもあり(これは悩めるエンジニアにとってはうれしいです)候補に上がりました。つくばエクスプレスが開通してから、ずいぶん値上がりしているようですが、神奈川県に比べるとまだまだ安いようですし、土地も広めです。注目しているのは「流山おおたかの森」駅ですが、「守谷」駅までは視野に入れています。

まずは、不動産屋を探して回ってみようと考えています。何かいい不動産情報があれば、コメントいただけると幸いです。
2006/05/20
カテゴリ: レビュー : 書籍 : 

執筆者: ariki (8:30 pm)
NPO法人「家づくり援護会」により刊行された書籍です。

まずは、トラブル事例から始まります。注文住宅を夢見ている悩めるエンジニア、トラブル事例を読んでいると不安になってしまいましたが、読み進めていくと、見積、契約に始まり、工程、工法の基礎知識、建築基準法などの法律関係まで一通りが、トラブルを回避するためのアドバイスと共に説明されています。

大きな買い物です。トラブルには巻き込まれたくないものですよね。悩めるエンジニアはこれから土地探し、建築家探しを始めようと思っているのですが、本書をお供にこれから色々と事を進めていこうと思っています。

家づくりを考えている方は、一読されてもよいと思います。

建てる前に読む本?非営利第三者機関が提唱する新しい家づくりの発想
建てる前に読む本?非営利第三者機関が提唱する新しい家づくりの発想NPO法人家づくり援護会

作品社 2002-08
売り上げランキング : 188461

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
安くていい家?家計に優しくて住宅のプロがうなる家づくり 「いい家」が欲しい。 間違いだらけのハウスメーカー選び 体にいちばん快適な家づくり?高断熱・高気密の常識のウソ 主婦が考案した住みやすい家102の知恵?使い勝手のよい設計プラン実例集
2006/05/20
カテゴリ: レビュー : 書籍 : 

執筆者: ariki (9:41 am)
渡辺篤司氏の「建もの探訪」という番組、よく見ていました。

「建もの探訪」という番組で紹介された家をまとめた本です。本書で紹介されているような家は、悩めるエンジニアには金額的にとうてい建てることはできませんが、間取り、雰囲気、その他色々と参考になるところはあります。本書を読んで、夢を膨らませているところです。

後は、香山壽夫氏と渡辺篤司氏の対談が家の紹介の合間に掲載されているのですが、これが面白いです。建築、文化というものについて熱く語り合っているという感じです。

注文住宅を夢見ている方は、本書で夢を膨らますのもよいと思います。

渡辺篤史のこんな家を創りたい
渡辺篤史のこんな家を創りたい渡辺 篤史

講談社 2004-11-30
売り上げランキング : 18969

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
渡辺篤史のこんな家を建てたい 渡辺篤史のこんな家に住みたい 渡辺篤史のこんな家で暮らしたい 渡辺篤史の建もの探訪 - スタイリッシュ編 渡辺篤史の建もの探訪 - ローコスト編 PART 2
2006/05/19
カテゴリ: 子育て日誌 : 

執筆者: ariki (8:45 pm)
ここ二日ぐらいですが、夜の8時ぐらいになると「お化けが来た!!」って言うんです・・・。

悩めるエンジニアも妻も、いわゆる第六感というやつは全くないので、ふざけて言っているのか、本気で言っているのか分からず、最初に聞いたときはドキドキしてしまいました。子供のときは見えないものが見えるって言いますし・・・。

まあ、真偽のほどはさておき、大人の考えで否定はしないでやろうと思っています。
2006/05/19
カテゴリ: レビュー : 書籍 : 

執筆者: ariki (8:23 pm)
悩めるエンジニアは三年前ぐらいにGrid関係の仕事をしていました。

Webサービス技術を基盤にしたGlobus ToolKit 3がちょうどリリースされたころで、WebServiceの学習をするにあたり、本書のお世話になりました。XMLの解説に始まり、サンプルを例にWebServiceを作成するという内容です。

当時と今では状況も変わっている部分もありますが、XML、SOAP、WSDLなどについて十分なページが割かれており、WebServiceの基礎を学ぶのには非常によい書籍だと思っていました。現在は、オフィス機器の開発に携わっていますが、SOAというキーワードで語られる世界は今後広がりを見せ、機器もサービスの一部になる時代は近いと考えています。

そんなわけで、改めて読み直しているのですが、今でも十分通用する内容だと思います。

JavaによるWebサービス構築
JavaによるWebサービス構築スティーブ グレアム Toufic Boubez Glen Daniels

ソフトバンククリエイティブ 2002-11
売り上げランキング : 355102

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
Webサービス入門?Javaを使って覚える簡単SOAP、WSDL、UDDIプログラミング
2006/05/18
カテゴリ: 管理者日誌 : 

執筆者: ariki (9:06 pm)
Amazon、Googleといった企業はウェブサービスのAPIを公開していることで有名だと思います。

少し遊んでみたいなと思い、色々と調べていると「Goodpicブログ」というWebサイトで公開されているG-Toolsというツールを見つけました。Amazonウェブサービスを使用した、商品リンク作成ツールです。

いやはや、面白いことをやっている方がいますね。技術解説もあります。悩めるエンジニアも色々と参考にさせていただいて遊んでみようと思います。

ちなみに、悩めるエンジニアが紹介している商品を購入されようと思った方は、記事内の商品リンクから購入していただければ幸いです。毎月の少ないお小遣いの中から書籍代などを捻出している悩めるエンジニアがちょっと幸せになれます。
2006/05/17
カテゴリ: 日々雑感 : 仕事関係 : 

執筆者: ariki (10:09 pm)
いったい何があったのでしょうか?

帰宅時のことです。東海道線のホームで電車が到着するのを待っていると、突然、東海道線のホームから一番遠い南武線のホームにいる人が振り向く程の大声で「うるさい!!」との叫び声。携帯電話に向かって叫んでいました。

しばらくやり取りが続いた後、今度は「俺をこんなにしたのはいったい誰なんだよ!!」、「俺は必要とされていないんだ!!」、「仕事なんてやめてやる!!」と叫び声は続きました。いったい何があったのでしょうか?

色々と想像してしまいましたが、「俺は必要とされていないんだ!!」という叫び声が悩めるエンジニアの心に引っかかりました。今にして思えば、悩めるエンジニアが転職をしようと考え始めたのも「捨てられたな」、「ここでは必要とされていないな」と感じたのが始まりだったような気がします。パワハラで追いつめられた後に捨てられたという感じでしょうか。

管理者の方々、自己反省してますか?もしかすると、職場の能率を下げているのは、職場の能率を上げているつもりのあなたかもしれませんよ?
2006/05/14
カテゴリ: レビュー : 書籍 : 

執筆者: ariki (4:35 pm)
まだ、店頭には出ていないかもしれませんが、「Grid World 2006」に合わせて出版された書籍で、展示会場で購入しました。

まず、冒頭で述べられているとおり、本書は技術を解説したものではありません。今、社会やビジネスのさまざまなレベルでパラダイム・シフト(「生産性」から「イノベーション」、「所有」から「使用」、「シェア」といった言葉で表現されています)が起こっている。そして「グリッド」はその中で出てきた「コンセプト」であり、様々な可能性があるということが例を上げながら分かりやすく説明されています。

悩めるエンジニアはエンジニア生活を送る中で漠然と感じていたものを本書に明確にしてもらったという感じで、頭の中がすっきりしました。

半日あれば読めるボリュームですので、一度読んでみても損はないと思います。

グリッド時代 技術が起こすサービス革新
グリッド時代 技術が起こすサービス革新妹尾 堅一郎 関口 智嗣

アスキー 2006-05-18
売り上げランキング : 25320

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ビジネスグリッドが切り開く次世代IT基盤 知的情報の読み方 インポッシブル・シンキング 最新脳科学が教える固定観念を打ち砕く技法 仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法 グリッド?情報社会の未来を紡ぐ
2006/05/12
カテゴリ: 日々雑感 : 技術関係 : 

執筆者: ariki (9:47 pm)
Grid World 2006」に行ってきました。

現在、ITシステムはSOA、Gridといったキーワードで近年語らている概念、技術で変化しようとしているところだと悩めるエンジニアなりに認識しています。

ITシステムを構成している物理的な要素は抽象化され、サービスに分割される。また、標準化されたインターフェースでサービスは公開されるので、業務プロセスに合わせサービスを柔軟に組み合わせたITシステムを構築することができるようになるのです。

悩めるエンジニアはオフィス機器の組み込みソフトウェアの開発に携わっていますが、個々のオフィス機器もそれが持つ機能を、標準化されたインターフェースでサービスとして公開する、また、他のサービスにアクセスできるようにすることにより、単なる機器ではなく、業務プロセスの一部を構成するサービスとなっていくと考えています。

前置きが長くなりましたが、「Grid World 2006」の感想です。

まだまだ、規模は小さいなという感じです。展示はIBM、SUN、富士通、NEC、日立といった大手ベンダーが半分以上を占めていましたし、展示されていたものもまだ実証実験の段階のものがほとんどでした。でも、これからどんどん新しいサービスが出てくる気配も感じました。このイベントもそれに合わせて大きくなると思います。

後は、ランチセッションのサンドウィッチ弁当で昼食代を浮かすことができた上、参加したセッションの中でプレゼントされた限定18部の書籍をゲットできたので、悩めるエンジニア的には十分満足して帰ることができました。

« 1 ... 178 179 180 (181) 182 183 184 ... 186 »

寄付のお願い
サイト維持、オープンソースソフトウェア開発継続のため、寄付をお願いします。
Googleで検索
広告
広告
マクロミルへ登録
お財布.com