ログイン  |  新規登録  |
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
最近のweBLogのコメント
アーカイブ
オンライン状況
4 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...
アクセスカウンタ
今日 : 463463463
昨日 : 483483483
今週 : 3030303030303030
今月 : 8445844584458445
総計 : 2003551200355120035512003551200355120035512003551
平均 : 490490490
LogCounterX by taquino
日本ブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 IT技術ブログ ソフトウェアへ
広告
ブログ - 最新エントリ
 最新エントリ配信

カテゴリ
書籍(47)


最新エントリ
2006/05/18
カテゴリ: 管理者日誌 : 

執筆者: ariki (9:06 pm)
Amazon、Googleといった企業はウェブサービスのAPIを公開していることで有名だと思います。

少し遊んでみたいなと思い、色々と調べていると「Goodpicブログ」というWebサイトで公開されているG-Toolsというツールを見つけました。Amazonウェブサービスを使用した、商品リンク作成ツールです。

いやはや、面白いことをやっている方がいますね。技術解説もあります。悩めるエンジニアも色々と参考にさせていただいて遊んでみようと思います。

ちなみに、悩めるエンジニアが紹介している商品を購入されようと思った方は、記事内の商品リンクから購入していただければ幸いです。毎月の少ないお小遣いの中から書籍代などを捻出している悩めるエンジニアがちょっと幸せになれます。
2006/05/17
カテゴリ: 日々雑感 : 仕事関係 : 

執筆者: ariki (10:09 pm)
いったい何があったのでしょうか?

帰宅時のことです。東海道線のホームで電車が到着するのを待っていると、突然、東海道線のホームから一番遠い南武線のホームにいる人が振り向く程の大声で「うるさい!!」との叫び声。携帯電話に向かって叫んでいました。

しばらくやり取りが続いた後、今度は「俺をこんなにしたのはいったい誰なんだよ!!」、「俺は必要とされていないんだ!!」、「仕事なんてやめてやる!!」と叫び声は続きました。いったい何があったのでしょうか?

色々と想像してしまいましたが、「俺は必要とされていないんだ!!」という叫び声が悩めるエンジニアの心に引っかかりました。今にして思えば、悩めるエンジニアが転職をしようと考え始めたのも「捨てられたな」、「ここでは必要とされていないな」と感じたのが始まりだったような気がします。パワハラで追いつめられた後に捨てられたという感じでしょうか。

管理者の方々、自己反省してますか?もしかすると、職場の能率を下げているのは、職場の能率を上げているつもりのあなたかもしれませんよ?
2006/05/14
カテゴリ: レビュー : 書籍 : 

執筆者: ariki (4:35 pm)
まだ、店頭には出ていないかもしれませんが、「Grid World 2006」に合わせて出版された書籍で、展示会場で購入しました。

まず、冒頭で述べられているとおり、本書は技術を解説したものではありません。今、社会やビジネスのさまざまなレベルでパラダイム・シフト(「生産性」から「イノベーション」、「所有」から「使用」、「シェア」といった言葉で表現されています)が起こっている。そして「グリッド」はその中で出てきた「コンセプト」であり、様々な可能性があるということが例を上げながら分かりやすく説明されています。

悩めるエンジニアはエンジニア生活を送る中で漠然と感じていたものを本書に明確にしてもらったという感じで、頭の中がすっきりしました。

半日あれば読めるボリュームですので、一度読んでみても損はないと思います。

グリッド時代 技術が起こすサービス革新
グリッド時代 技術が起こすサービス革新妹尾 堅一郎 関口 智嗣

アスキー 2006-05-18
売り上げランキング : 25320

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ビジネスグリッドが切り開く次世代IT基盤 知的情報の読み方 インポッシブル・シンキング 最新脳科学が教える固定観念を打ち砕く技法 仮説思考 BCG流 問題発見・解決の発想法 グリッド?情報社会の未来を紡ぐ
2006/05/12
カテゴリ: 日々雑感 : 技術関係 : 

執筆者: ariki (9:47 pm)
Grid World 2006」に行ってきました。

現在、ITシステムはSOA、Gridといったキーワードで近年語らている概念、技術で変化しようとしているところだと悩めるエンジニアなりに認識しています。

ITシステムを構成している物理的な要素は抽象化され、サービスに分割される。また、標準化されたインターフェースでサービスは公開されるので、業務プロセスに合わせサービスを柔軟に組み合わせたITシステムを構築することができるようになるのです。

悩めるエンジニアはオフィス機器の組み込みソフトウェアの開発に携わっていますが、個々のオフィス機器もそれが持つ機能を、標準化されたインターフェースでサービスとして公開する、また、他のサービスにアクセスできるようにすることにより、単なる機器ではなく、業務プロセスの一部を構成するサービスとなっていくと考えています。

前置きが長くなりましたが、「Grid World 2006」の感想です。

まだまだ、規模は小さいなという感じです。展示はIBM、SUN、富士通、NEC、日立といった大手ベンダーが半分以上を占めていましたし、展示されていたものもまだ実証実験の段階のものがほとんどでした。でも、これからどんどん新しいサービスが出てくる気配も感じました。このイベントもそれに合わせて大きくなると思います。

後は、ランチセッションのサンドウィッチ弁当で昼食代を浮かすことができた上、参加したセッションの中でプレゼントされた限定18部の書籍をゲットできたので、悩めるエンジニア的には十分満足して帰ることができました。
2006/05/11
カテゴリ: 日々雑感 : 商品関係 : 

執筆者: ariki (11:00 pm)
LEGO.com NTX Home」のアナウンスによると、LEGO MINDSTORMS NXTのファームがオープンソースになるそうです。

8月に上記Webサイトで公開とのこと。悩めるエンジニアのつたない英語力でアナウンスの詳細を読んだところ、ファームのソース、およびソフトウェア開発キット、ハードウェア開発キット、Bluetooth開発キットが公開されるようです。

決定しました!!今週末、妻を説得して予約することにします。
2006/05/07
カテゴリ: 日々雑感 : その他 : 

執筆者: ariki (5:38 pm)
明石海峡大橋」を渡り、淡路島に行ってきました。

ゴールデンウィーク二日目は、明石海峡大橋を渡って、ついでに淡路島を縦断してきました。灯台下暗しではありませんが、神戸に生まれ、高校を卒業するまで神戸で暮らしてきたにもかかわらず、淡路島には行ったことがありませんし、明石海峡大橋も遠目に見たことがあるだけでした。

明石海峡大橋はさすがに世界最長の吊り橋です。橋自体の大きさに度肝を抜かれましたし、橋の上から見える景色もすばらしいものでした。橋に関する詳しい説明はウィキペディアにあるとおりですが、夢の架け橋と呼ばれるようになったエピソードは面白いですね。当時の神戸市長、原口忠次郎氏が構想に対する批判に対し「人生、すべからく夢なくては」と言ったそうです。

悩めるエンジニア、大きな夢があるわけではないですが、橋を渡って心が洗われる気がしました。

今度は淡路島をゆっくり観光してみたいなと思っています。
2006/05/07
カテゴリ: 日々雑感 : その他 : 

執筆者: ariki (4:59 pm)
ゴールデンウィーク初日は「神戸花鳥園」に行ってきました。

悩めるエンジニアの実家は神戸にあり、帰省したついでにユニバーサルスタジオで遊ぶという案が当初は最有力だったのですが、ゴールデンウィークはものすごい混雑が予想されることと、婆様が妙に勧めることもあり、神戸花鳥園に行くことにしました。

あまり期待していなかったのですが、これがそこらの動物園なんかよりもずっと面白いではないですか。たくさんのきれいな花々が目を楽しませてくれますし、鳥類に関しては基本的には放し飼いになっており、直接触れることができます。小心者の娘は、鴨にエサをやるときに少し指をついばまれ、ビビりまくっていましたが・・・。

園内ではお弁当を買って食べることもできますし、中華レストランもあります。悩めるエンジニア一行は、中華レストランを選択しました。バイキング形式で味も値段もそこそこで、お腹も一杯にすることができました。

最寄り駅はポートライナー空港線の「ポートアイランド南」駅です。最近できた神戸空港のすぐそばで、アクセスの便も非常に良いです。神戸に立ち寄ることがあれば、一度行ってみてはいかがでしょうか。お勧めできます。
2006/04/17
カテゴリ: 日々雑感 : 仕事関係 : 

執筆者: ariki (11:21 pm)
「カンブリア宮殿」という番組が始まりました。

「プロフェッショナル仕事の流儀」という番組の民放版といった感じでしょうか。初回のゲストはトヨタの張富士夫氏でした。「プロフェッショナル仕事の流儀」は一人のプロフェッショナルとその仕事に焦点を絞って仕事について考える、「カンブリア宮殿」は注目の企業トップとその企業に焦点を絞って仕事を考えるという感じでしょうか。

悩めるエンジニア的には「プロフェッショナル仕事の流儀」の方が好きですが、こちらもウォッチしようかなと思っています。
2006/04/17
カテゴリ: 子育て日誌 : 

執筆者: ariki (10:05 pm)
二ヶ月程前から、トイレトレーニングを始めています。

これまではずっと、何か出てから「チッチ出た!!」、「ウンチ出た!!」だったのですが、今日は初めて娘の方から「チッチ出る!!」と教えてくれたようで、悩めるエンジニアが帰るコールをすると妻は大喜びでそのことを伝えてきました。

育児サークルに参加しているのですが、周りの子供を見ると結構同じような月齢の子供がオムツが取れていたりするようで(ちなみに娘は二歳六ヶ月)、妻は少し焦っていたようです。まあ、ゆっくりやればいいかなと悩めるエンジニア的には思っていたりするのですが・・・。

ちなみに、少し調べてみると、1〜2歳で出たことを自覚、伝えられるようになるのは3〜5歳というのが一般的なようで、また、お尻が濡れた感じというのは必ずしも効果がある訳ではないようです。生活のリズムに合わせ、「チッチ出る?」とトイレに誘ってやるというコミュニケーションを取ることが大切とのことです。

確かに、我が家でもトレーニングパンツを使っていますが、つい先日まではズボンまでしみ出していても、本人は全然気にならない様子でした・・・。

子供だけに限らず、コミュニケーションが大切ですよね。
2006/04/15
カテゴリ: 日々雑感 : 仕事関係 : 

執筆者: ariki (12:15 am)
またまた、「プロフェッショナル仕事の流儀」です。

今回は建築家の中村好文氏です。非常にソフトな印象の普通のおじさんという感じなのですが、おっしゃることは違いますね。プロフェッショナルというのは、ある特定の職業を選んだ人ではなく、ある特定の職業から選ばれた人のこというんだと思うと・・・。

悩めるエンジニアはそのような境地にまで達することができるかどうかは分かりませんが、エンジニアという職業を自分が好きで選んだのですから、プロ意識を持って仕事には取り組んで行きたいとは思っています。

本当に自分はエンジニアという職業に向いていないのではないかと思い、他の道を選択することも考えたこともありますが、やはり好きで今も続けています。下手の物好きと言われるかもしれませんが、好きな仕事を楽しくやる、これが一番だと思っています。

« 1 ... 180 181 182 (183) 184 185 186 187 »

寄付のお願い
サイト維持、オープンソースソフトウェア開発継続のため、寄付をお願いします。
Googleで検索
広告
広告
マクロミルへ登録
お財布.com