ログイン  |  新規登録  |
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
最近のweBLogのコメント
アーカイブ
オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...
アクセスカウンタ
今日 : 467467467
昨日 : 483483483
今週 : 3034303430343034
今月 : 8449844984498449
総計 : 2003555200355520035552003555200355520035552003555
平均 : 490490490
LogCounterX by taquino
日本ブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 IT技術ブログ ソフトウェアへ
広告
ブログ - 最新エントリ
 最新エントリ配信

カテゴリ
書籍(47)


最新エントリ
2006/04/09
カテゴリ: 日々雑感 : 仕事関係 : 

執筆者: ariki (2:17 pm)
開発において、バグは修正するだけではなく、データベースに残し、分析し、次の開発に生かすことが大切です。

そこでツールを使うことが推奨されるわけですが、皆さんは何をお使いでしょうか?バグ・トラッキングツールとして有名なものにBugzilla(http://bugzilla.mozilla.gr.jp/)がありますが、PHP、MySQLベースのMantis(http://www.alles.or.jp/~sogabe/mantis/)というツールがあることをphpCollabを使い始めて知りました(phpCollabはMantisとの連携ができるようです)。

悩めるエンジニアが興味を持ったのは、phpCollabでガントチャートの生成に使用されているJpGraphにより、バグの対応状況がグラフィカルに参照できるといった点です。インストールも簡単です。悩めるエンジニアは早速、自宅の実験マシンにインストールしてみました。

詳しくは、前述のWebサイトを参照してみてください(日本語です)。
2006/04/09
カテゴリ: 日々雑感 : 仕事関係 : 

執筆者: ariki (10:04 am)
phpCollabのインストール、日本語化、簡単な使い方については、技術情報ページに記載のとおりです。

自宅での試用も終わったところで、職場でも使い始めました。機能はそれほど多くありませんし、インターフェースもシンプルなのでメンバーの慣れも早そうです。柔軟な使い方ができるので、実際の運用においては、グループ内でのルールを決めておいた方がいいでしょう(プロジェクト、タスクの粒度、命名方法など)。

肝心なのはプロジェクト管理の方法です。管理の方法を決めた上で、phpCollabを組み合わせれば、強力な補助ツールとなると思います。

ちなみに、dotProjecの方は、phpCollabよりも多くの項目を入力できるのですが、逆に使いにくいかなという感じです。プロジェクトの規模が小さく、小回りが効いた管理をするならphpCollabの方が向いているかと思います。
2006/04/07
カテゴリ: レビュー : 書籍 : 

執筆者: ariki (9:33 pm)
ちょっと古い本ですが、紹介します。

Globus Toolkit 2、およびGlobus Toolkit 3の使用を前提に、グリッド・コンピューティングの概念、詳細を解説しています。WSRFベースのGlobus Toolkit 4がリリースされてからしばらく立ちますが、グリッド・コンピューティングの世界に入って行くにあたり、OGSA、OGSIといった仕様は押さえておかなければいけないと思います。

導入的な資料として、十分な解説がされており、悩めるエンジニアとしてはお勧めです。

グリッド・コンピューティングとは何か?Globus Toolkitではじめるグリッドの基礎
グリッド・コンピューティングとは何か?Globus Toolkitではじめるグリッドの基礎日本アイビーエムシステムズエンジニアリング

ソフトバンククリエイティブ 2004-03
売り上げランキング : 43915

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
グリッド?情報社会の未来を紡ぐ グリッドコンピューティング?情報処理の新しい基盤技術 Linuxで並列処理をしよう?SCoreで作るスーパーコンピュータ MPI並列プログラミング 実践MPI‐2?メッセージパッシング・インタフェースの上級者向け機能
2006/04/05
カテゴリ: 日々雑感 : 仕事関係 : 

執筆者: ariki (9:55 pm)
WindowsでのphpCollabの日本語化がうまくいきませんでした。

技術情報ページの「phpCollabによるプロジェクト管理 第2回」でMacOS Xにおける日本語化について説明させていただきましたが、Windowsの場合、本記事の対応だけではガントチャートの日本語化ができないことが分かりました。

有志の情報をかき集めて、何とかWindowsでも日本語化することができました。Windows環境での対応内容をパッチ化したものをダウンロードページにアップロードしておきましたので、困っている方はダウンロードしてみてください。
2006/04/02
カテゴリ: レビュー : 書籍 : 

執筆者: ariki (3:59 pm)
副題はプロフェッショナルが明かす研ぎすまされたツール群の使いこなしです。

悩めるエンジニアが本書に興味を持ったのは、CUnit、CppUnitというテストツールとドキュメント作成ツールdoxgenについての説明があった点です。前者はJavaのモジュールテストフレームワークJUnitのC、C++版です。後者は、ソースコードコメントからドキュメントを作成するツールです。

いずれのツールについても、使いこなしとまでは行きませんが、まずは使ってみるのに十分な内容が載っていると思います。その他、UNIX環境においてよく使用する、ビルドツール、デバッグツールについても同様に説明があります。

悩めるエンジニアなどは本書で紹介されているすべてのツールを日頃からよく使うという訳ではないので、普段使っていないツールをいざ使ってみようかなというときに、辞書的な使い方ができるかなと思いました。

UNIX環境で仕事をされる方は、手元に置いておいて損はないと思います。

UNIXプログラミングの道具箱?プロフェッショナルが明かす研ぎ澄まされたツール群の使いこなし
UNIXプログラミングの道具箱?プロフェッショナルが明かす研ぎ澄まされたツール群の使いこなし工藤 智行

技術評論社 2004-06
売り上げランキング : 96841

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
プログラミングテクニック?UNIXコマンドのソースコードにみる実践プログラミング手法 ふつうのLinuxプログラミング Linuxの仕組みから学べるgccプログラミングの王道 make 改訂版 ハッカーのたのしみ?本物のプログラマはいかにして問題を解くか 30日でできる! OS自作入門
2006/04/02
カテゴリ: 日々雑感 : その他 : 

執筆者: ariki (9:33 am)
上野公園に行ってきました。

目的は、花見、動物園、プラド美術館展です。昨日は、桜は満開、天気も良く、子供たちは春休みということで、駅の改札から大混雑です。イライラが募ります。花見はそこそこに動物園に向かったのですが、こちらも大行列。すました顔で割り込んでくる人もおり、動物園に入るまではさらにイライラは募るばかり。動物園の中はというと、戦場です・・・。群衆をかき分け、檻の前に何とか辿り着くということを何度も何度も繰り返してきました。

動物園を出るころには、もうヘトヘト、プラド美術館展は今回はあきらめてきました。でも、あえてこのシーズンに喧騒を楽しむのもありかなと思いました。
2006/03/31
カテゴリ: レビュー : 書籍 : 

執筆者: ariki (8:51 pm)
第一印象は浅く、広くという感じです。

「提案」、「見積もり」、「要求定義」、「開発プロセス」、「進捗管理」、「システム基盤」、「テスト」の7つのスキルについて書かれています。浅く、広くではありますが、ポイントは押さえており、さらに深く学習する際の道筋は作ってくれるだけの情報は書かれていると思います。

辞書的な使い方ができると思います。

ソフトウエア開発の必修スキル?プロジェクトを成功に導く
ソフトウエア開発の必修スキル?プロジェクトを成功に導く日経ITプロフェッショナル

日経BP社 2005-05
売り上げランキング : 68482

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
SEを極める最強仕事術?図解・文章・タイムマネジメント・コーチング・会計・法律・交渉・人脈 ゼロから学ぶソフトウエア開発完全入門?オブジェクト指向からデータベースまで SEを極める 仕事に役立つ文章作成術?百戦錬磨のプロマネが伝授するドキュメント作成の極意 25のセオリーで学ぶシステム設計の必修スキル?基盤システム、性能・品質、運用から業務プロセスまで 要求定義のチェックポイント427
2006/03/21
カテゴリ: 日々雑感 : その他 : 

執筆者: ariki (4:48 pm)
先週末はいちご狩りにも行ってきました。

悩めるエンジニアは昨年から「笠間観光いちご園」にお世話になっています。北関東自動車道の友部インターチェンジから車で5分くらいで、アクセスもしやすいと思います。近くにはたくさんの笠間焼の店もあるので、そちらも楽しむことができます。

ビニールハウスが近づいてくると、甘いいちごの香りが漂ってきます。ビニールハウスの入り口に立つと、そこには撓わに実ったいちご達がお待ちかねです。気分は最高潮、後はすべてのいちごを食い尽くさんばかりの勢いで食べるのみです。妻と娘は本当に食い尽くさんばかりの勢いで食べていました・・・。

それを横目で見つつ、悩めるエンジニアは自分のペースで食べてきました。普段あまり果物は食べないのですが、畑で食べるとおいしいですね。
2006/03/21
カテゴリ: 日々雑感 : その他 : 

執筆者: ariki (4:14 pm)
日本三大庭園の一つの「偕楽園」の梅まつりに行ってきました。

先週末は、本当にたくさんの人で賑わっていました。移動の際に常磐道の守谷サービスエリアで休息したのですが、トイレは行列ができていてすぐに入れない状態でした。先週末は風が強かったので結構散ってしまったかもしれませんが、来週末ぐらいまでは大丈夫かと思います。

悩めるエンジア的お楽しみポイントは、お土産屋さんです。梅を使ったお菓子や、漬け物、お茶、お酒の試食、試飲ができます。お腹一杯になりますよ。梅大使のおねーさん達を横目で見つつ、梅を楽しんできてはどうでしょうか?

それと車で行かれる方は、すぐ隣の千波湖の無料駐車場に止めるといいかもしれません。多少歩かなければいけなくなりますが、この時期はたくさんの渡り鳥が飛来してきており、そちらも楽しむことができるかと思います。
2006/03/10
カテゴリ: 子育て日誌 : 

執筆者: ariki (10:48 pm)
最近、アンパンマンに夢中なんです。

テレビやビデオで見せたこともないんですが、どこかで覚えてきたのかアンパンマンに夢中です。アンパンマンのどこが子供の心をそんなに引きつけるのか・・・。検索してみると、悩めるエンジニアと同様の疑問を持つ人は多いようです。

幼稚園児から小学校高学年を対象に調査をし、分析を行った人もいるようで、ヒーロー的魅力とマスコット的魅力を兼ね備えているからと結論づけています。悩めるエンジニアとしては、ちょっと違うような気がします。

あのシンプルな絵とアンパンマンという言葉の響き自体に秘密があると思うのです。みなさんはどう思われますか?

« 1 ... 181 182 183 (184) 185 186 187 »

寄付のお願い
サイト維持、オープンソースソフトウェア開発継続のため、寄付をお願いします。
Googleで検索
広告
広告
マクロミルへ登録
お財布.com