ログイン  |  新規登録  |
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


SSL
パスワード紛失

新規登録
メインメニュー
最近のweBLogのコメント
アーカイブ
オンライン状況
8 人のユーザが現在オンラインです。 (8 人のユーザが ブログ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 8

もっと...
アクセスカウンタ
今日 : 364364364
昨日 : 765765765
今週 : 364364364
今月 : 1254712547125471254712547
総計 : 2143386214338621433862143386214338621433862143386
平均 : 484484484
LogCounterX by taquino
日本ブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村 IT技術ブログ ソフトウェアへ
広告
ブログ - 最新エントリ
 最新エントリ配信

カテゴリ
書籍(48)


最新エントリ
2006/10/13
カテゴリ: 住宅購入日誌 : 

執筆者: ariki (10:30 am)
明日はいよいよ悩めるエンジニア邸プランのプレゼンなのですが、昨日建築家の方からメールが届きました。

茨城県稲敷市に建築家の方の事務所があり、そちらに伺うことになっているのですが、明日は何と「土浦全国花火競技大会」が開催されるとのこと(http://tsuchiura-hanabi.jp/)。混雑が予想されるので、迂回してきた方がいいですよとの連絡でした。地元の人がそういうのですから、相当すごい混雑なんでしょうね。

ちなみに、少し調べてみると、この花火大会は、競技大会という名が示すとおり、通常の花火大会と異なるようで、業者は自由参加、花火玉を仲介するバイヤー、ブローカーの観覧が多く、商談の場になっている花火大会だそうです。

時間があれば見て帰りたいところですが、今回はあきらめす。無事、悩めるエンジニア邸が完成し、引越したら一度行ってみたいと思います。
2006/10/12
カテゴリ: 住宅購入日誌 : 

執筆者: ariki (5:16 pm)
住宅とは直接の関係はないのですが、住宅ローンを申し込むにあたり、自動車
ローンを完済しました。このため名義変更が必要になりました。

色々と調べてみると、以下の書類を揃えておく必要があるようです。そんなわけで、印鑑証明を入手、車庫証明の申請をしてきました。

(1) 譲渡証明書
(2) 委任状
(3) 旧所有者の印鑑証明書
(4) 新所有者の印鑑証明書
(5) 車庫証明
(6) 自動車検査証
(7) 自賠責保険証明書
(8) 自動車税納税証明書

なお、(1)〜(3)の書類は、完済証明書と一緒に旧所有者であるローン会社から送られてきました。

後は、上記書類と実印、認印を陸運局に持参して、以下の書類を購入、記載すれば手続き完了のようです。

(9) 申請書
(10) 手数料納付書
(11) 自動車税・自動車取得税申請書

面倒ですね・・・。陸運局内かそばに代書屋さんがあるそうなので、頼もうかと思っています。

ちなみに、名義変更のすすめっというWebサイト(http://www.meihen.e-osusume.com/)を主に参考にさせていただきました。名義変更以外の自動車に関する色々な手続きについて、事細かに紹介されています。

実際どうなったかは、後日、報告したいと思います。
2006/10/11
カテゴリ: 管理者日誌 : 

執筆者: ariki (4:53 pm)
HDDのトラブルの解決後、サーバマシンの移行作業が完了しました。今回の作業を簡単にですが、まとめておきます。

(1) SuSE Linux 10.0のインストール、セキュリティパッチの適用、各種設定
(2) 旧サーバでXOOPSのデータベースをバックアップ
(3) 新サーバに旧サーバと同じバージョンのXOOPSをインストール
(4) 旧サーバのhtdocsを新サーバのhtdocsに上書き
(5) 新サーバで(2)でバックアップしたXOOPSのデータベースをレストア

XOOPSのデータベースのバックアップ、レストアにはBackPack V0.85 (http://www.bluemooninc.biz/~xoops/)を使用させていただきました。(2)の実施前、(3)の実施後にインストールしておいてください。

その他、xoops wikiのWebサイト(http://xoops.sourceforge.jp/wiki/free/)を参考にさせていただきました。こちらでは、違うバックアップモジュール、phpMyAdminを使用した方法が紹介されています。

何かの参考になれば幸いです。
2006/10/10
カテゴリ: 管理者日誌 : 

執筆者: ariki (12:27 am)
本サイトの運用に使用しているマシンを入れ替えようかと思い、YahooオークションでEpson Endeavor MT-6000を18,800円で手に入れました。スペックは以下のとおりです(これにプラスして、DVDコンボ、CD-ROMという光学ドライブ2台構成です)。

CPU:Pentium4 1.7GHz
MEM:1024MB
HDD:80GB

ちなみに、これまで使用していたマシンのスペックは以下のとおりで、悩めるエンジニアからすると夢のようなスペックです。パーツを譲り受けたりして、格安で組み立てたマシンだったのですが、さすがにそろそろ変え時かなと・・・。

CPU:Pentium2 350Mhz x 2
MEM:512MB
HDD:28GB (10GB + 10GB + 4GB + 4GB)

さっそく、サーバーを移行すべく、Linuxのインストールを試みたのですが、インストール後再起動するとHDDでDMA関連のエラーが発生して起動できないではありませんか・・・。Windowsでは問題なさそうなんですけどね。

IBMのIC35L080AVVA07-0というモデルのHDDが装着されており、同様のトラブルに遭っている人はいるようで、まずはソフトウェア的な問題を疑い、次にケーブルの交換と色々と試したものの解決できませんでした。後は、電源かHDDそのものか。そんなわけで、HDDの換装に踏み切ることに・・・。

購入したのは、SeagateのST3802110Aというモデルで、価格は5,770円、スペック的にはIBMのものと変わりません。ミニタワーでコンパクトなのはいいのですが、HDDを取り出すのに四苦八苦、何とか換装しました。

で、結果はというと大丈夫そうです(ホッ・・・)。

そんなわけで、近日中にサーバーを移行しようと思います。一時的にアクセスできなくなるかもしれませんが、ご容赦ください。
2006/10/09
カテゴリ: 管理者日誌 : 

執筆者: ariki (11:30 pm)
ここのところスパムトラックバックの急増に悩まされていました。

少し調べてみたところ、weblog-1.42モジュール用のスパムトラックバック対策の改造を公開されている方がいましたので、さっそく導入させていただきました(http://www.kuri3.net/)。以下のようなトラックバックは撃退できるとのことです。

(1) タイトル、ブログ名がスペース
(2) IPアドレスが引けない(proxyまで多少面倒みるが)行儀の悪い発信元
(3) タイトル、ブログ名に指定数以上の日本語がない
(4) RBLに登録済み
(5) それでもかいくぐってきたやつは「禁止ワード」で(日本語対応)
(6) ご到来あらば指定のアドレスに通知する

しばらく様子を見ようと思います。
2006/10/07
カテゴリ: 住宅購入日誌 : 

執筆者: ariki (9:06 pm)
住宅ローンの申し込みに行ってきました。

今日は昨日のようなひどい雨でなくて本当に良かったです・・・。下手をしたら、銀行さんに行けなかったです。

で、本題ですが、今回は土地に関してのローンになります。建物については、設計が終わり、施工契約を結んだ時点で別途ローンを申込むことになります。建築家と建てる場合は、建物の完成までに、建築家、工務店に何度か支払いが発生します。一般的には、建物の完成時にローン決済となるそうですが、悩めるエンジニアがローンを申し込んだ銀行さんでは、この辺りは柔軟に対応されているようです。

今回必要になったものは以下のとおりです。

(1) 印鑑証明書(3通)
(2) 住民票(世帯全員の記載があるもの)
(3) 源泉徴収票
(4) 所得証明書
(5) 給与明細(悩めるエンジニアの場合)
(6) その他のローンの完済証明書など
(7) メイン口座の通帳(直近6ヶ月分、最古のもの)
(8) 積み立て預金の通帳(自己資金の証明する書類)
(9) 実印
(10) 銀行印(口座開設のため)

悩めるエンジニアの場合は、上記のとおりですが、借り入れを申込む銀行さん、後は個人の状況によって多少は違うと思います。それでも、参考にはなると思います。

商品の説明などを聞きながら、「個人情報利用等に関する同意書」、「住宅ローン申込書」、「団体信用生命保険申込書」に記載、押印してきました(力入りました)。

銀行さんで審査をしている間に、不動産屋さん、売主さんと契約日の調整をすることになります。審査がとおれば、契約、決済、土地の引渡しです。ふー!!

それから、住宅ローンの諸経費は以下のとおりとなります。これにプラスして、仲介手数料の残金、固定資産税、上下水道の負担金、ローンで不足している土地代金が必要になります。分かってはいましたが、結構必要ですね・・・。

(1) 取り扱い手数料
(2) 保証料
(3) 印紙代(ローン契約書、団信念書)
(4) 抵当権設定手数料、登録免許税

建物のときは、加えて火災保険料が必要になると思います。建物の際の詳細については、また、後日書きたいと思います。

ちなみに、建築家の方のプランのプレゼンテーションは来週の土曜日に決まりました。土地の方は落ち着いてきたので、安心してプレゼンテーションを聞くことができそうです。住宅ローンの事前審査の結果を待っているときと違った意味で、ドキドキしています。

最初の山は越えられそうですかね。
2006/10/02
カテゴリ: 住宅購入日誌 : 

執筆者: ariki (10:02 pm)
住宅ローンの事前審査に通りました(ふー)。

通常は3〜4営業日で結果は出るそうなのですが、悩めるエンジニアの場合、銀行さんとのやり取りが何度か発生したため、6営業日ほどかかってしまいました。やり取りの内容をメモしておきます。

(1) 源泉徴収票内容について(年収)
転職してちょうど一年が経ったところなのですが、昨年度の源泉徴収票は、前職と現職の合算になっています。それでは現職での年収が分からないので、その点を聞かれました。

これについては、現職での一年間の給与明細の内容を伝えることで納得してもらえたようです(最初の賞与が日割りになっていたことも伝えました)。通常は、源泉徴収票と所得証明書のみでよいようですが、所得証明書類として給与明細も提出することになりました。

(2) 借り入れ希望額について
設計、施行はこれからなので、やや多めの希望額を伝えていたのですが、年収に対する返済割合が高いということ、それから保証会社との間で借入金額を確定しておかなければいけないとのことで、減額できないかと言われました。通常、20〜25%が無理なく返せる適正な割合といわれているようです。

土地の値段は決まっていますが、建物はこれからなので難しいのですが、最低これぐらいは建物にかけたいという金額を試算して、減額しました。建築家の方とよく相談しながらやってけば何とかなるかなと思っています。

(3) その他の借入について
自動車ローンなどのその他の借入、カードの所有などについて聞かれました。カードは色々調べてみるとキャッシングなどは借りてなくても借りていると見なされるそうです。

悩めるエンジニアの場合は、自動車ローンが残っていたのですが、これは完済しました。完済証明書を提出します。それからカードについては、キャッシングをなくしました。

(4) 自己資金について
自己資金がやや少ないので、妻の両親が多少援助をしてくれると言っているのですが、自分たちの自己資金のみでなく、援助の額も分かるような資料(通帳など)を出して欲しいと言われました。

これについても提出することにしました。

ざっとはこのような感じです。転職なし、年収も十分、その他借入なし、自己資金も十分という人と比較すると、提出する書類が増えてしまっているとは思いますが、なんとか借りられそうです。

がんばって返していきますので、銀行さんよろしくお願いします!!
2006/09/24
カテゴリ: 住宅購入日誌 : 

執筆者: ariki (10:20 pm)
土地に関する注意点もまとめておきます。

いずれも、建築家の方と一緒に現地調査に出向いて気がついた点で、販売図面からは決して分からないと思うものです。

というわけで、まず、依頼しようと思っている建築家の方がすでに決まっているのであれば、相談の上、一緒に土地を見てもらうことをお勧めします。土地によって気をつける点は違うと思いますし、素人では見えない点を、専門家は必ず指摘してくれると思います。

それから、過去の日誌で書きましたが、土地の周辺を自分の足で必ず歩いてみることです。自分の足で歩いてみると、土地を色々な角度から見れますし、周辺の環境もよく分かります。車で通り過ぎるのと、自分の足で歩いてみるのとでは、格段の違いがあると思います。

土地そのものに関しては、まず、既に建物が立っている、周辺の土地を見てみるといいそうです。地盤に問題があればヒビが入っていたりするそうです(建物が建つと加重されますからね)。

それから、悩めるエンジニアが決めた土地に関しては、他の土地との高低差があるため、土地と土地の間にコンクリートの擁壁がありました。この強度により建物の計画可能範囲が決まるそうです。冷静に考えてみると当たり前なことですが、悩めるエンジニアは全く思いつきませんでした。建築家の方と現地調査後に不動産屋さんに立ち寄ったときに、建築家の方が不動産屋さんに資料を出してくれるよう言ってくれました。

工事図面、検査済証があったようなのですが、工事図面からは強度がどれくらいあるかは完全に判断できなかったようです。しかし、致命的な問題も見つからなかったようなので、悩めるエンジニアは契約することにしました。多少の不安は残りますが・・・。

資料がないなんてこともあるようですので、そういう場合はやはり周辺の土地を見る、あるいは費用をかけて調査をするしかないようです。工事が絶対に必要ということになった場合は、土地の価格の相場と擁壁工事の費用を見て、判断するしかないと思います。

参考になりますでしょうか?
2006/09/24
カテゴリ: 住宅購入日誌 : 

執筆者: ariki (8:35 pm)
土地の契約をしてきました。

事前に重要事項説明書、契約書を送ってもらい、よく読んだ上で不動産屋さんに出向きました。不動産屋さんでも、たっぷり2時間、重要事項説明書、契約書を読み合わせる形で説明してもらい、不明点はすべてなくなった上で、サインしたつもりです。

それでも不安感は拭いきれないんですけどね、大きな買い物ですから・・・。ちなみに、悩めるエンジア、昨晩は何か契約関係の専門用語を寝言で言ったいたそうです・・・。

さて、次はいよいよ資金調達です。契約の当日に不動産屋さんで住宅ローンの仮申込書も記載してきました。不動産屋さん経由で提出してもらいます。ここで特に問題がなければ、銀行さんに出向いていって、色々と相談した上で、本申込となるはずです。

最初の山についに上り始めましたね。不安ばかりですが、地道に進めていこうと思います。

過去の日誌を見ながら、これまでやってきたことを簡単にまとめてみました。これと平行して、週末はずっと家族で雑誌などを読みあさりながら、希望をまとめていました。

5/21 - 土地、建築家探し開始
7/23 - 建築事務所の無料相談会申込
8/18 - 気に入った土地を発見
9/9 - 建築事務所の無料相談会参加
9/9 - 土地購入申込書を提出
9/16 - 建築家の方と現地調査、打ち合わせ、プラン作成を申込
9/23 - 土地を契約

ここまでで、必要となった資金は以下のとおりになります。土地代金、仲介手数料の残金、税金、登記費用などは、引き渡し時ということになります。これは、また、手続きが終わった後に書きたいと思います。

- 購入申込料(契約時に戻ってきます)
- プラン作成料(契約すれば設計、管理料に含まれます)
- 土地手付金(土地の価格の10%程度)
- 仲介手数料(半金)

資金調達の手続きを進めつつ、プランの完成を待つということになります。うまくいけば、資金調達の目処が立つのと、プランの完成はほぼ同時になるでしょうか。資金調達の目処が付き、プランを気に入り契約ということになれば、最初の山は上りきったことになりますかね。

何かの参考になれば、幸いです。
2006/09/18
カテゴリ: レビュー : 書籍 : 

執筆者: ariki (9:37 pm)
西田亙氏が自費出版された「GNU開発ツール」の初版第一刷は完売したということを紹介しましたが(http://www.oversea-pub.com/)、第二刷の販売が開始されたので、さっそく購入しました。

プリプロセス、コンパイル、アセンブル、リンクの作業の仕組みを実際にGNU開発ツール群のコマンドを打ちながら、解説していきます。各作業における仕組みの理解、そしてツールの使い方を覚えられようになっています。

組込みソフトウェア開発に携わる人間であれば、GNU開発ツール群の知識は今や必須の知識だと思いますし、仕組みを知っているのと知っていないのでは、バグ調査などの効率に格段の差が出ると思います。悩めるエンジニアは決して詳しい訳ではありませんので、改めて本書で勉強させてもらっています。

新人さんに手渡しておくのもよいかもしれませんね。

« 1 ... 183 184 185 (186) 187 188 189 ... 196 »

寄付のお願い
サイト維持、オープンソースソフトウェア開発継続のため、寄付をお願いします。
Googleで検索
広告
広告
マクロミルへ登録
お財布.com